四期生(日本語学校生)

LEE ZEE YEEN/淑徳日本語学校/マレーシア出身(写真左端)

私は日本の文化、具体的私はマレーシアの政治状況を改善するために、大学で国際公共政策を学びたいです。マレーシアは多民族国家として、民族間の平和共存が必要ですが、現在政治の影響で民族間の不満が深刻化しています。私はこの問題を解決するために、民族の融和に取り組みたいです。

MICHELLE DEBORAH /東京国際大学付属日本語学校/インドネシア出身(写真左から2番目)

日本の大学では、木造建築物の保存方法と地震対策の技術を学びたいと思っています。大学卒業後は、インドネシアで古い建物でも地震に強い建物に修復できるような仕事をしたいと思っています。日本で採用されている耐震技術を学ぶことで、インドネシアの歴史的建造物を未来に残したいです。

LAI QING LONG/アジア学生文化協会/マレーシア出身(写真中央)

私は将来、街づくりに関する仕事をしたいと思っています。大学では、経済地理学や環境マネジメントについて学びたいです。大学卒業後は、地域の活性化に関する仕事をしたいと思っています。学んだことを活かして、マレーシアの僻地を住みやすい街へ変え、人々の生活水準を上げたいです。

ANDREW LIM KAR JUN/アジア学生文化協会/マレーシア出身(写真右から2番目)

私は大学に進学したら、情報やプログラミングについて深く学びたいです。私は特に、人工知能に関する研究に興味があります。大学卒業後はIT関係の仕事に就職して、日本で経験を積みたいです。将来は日本に限らず、アジア各国で活躍できるプログラマーになりたいです。

NATHANAEL IAN GUNADI/JET日本語学校/インドネシア出身(写真右端)

私は人とAIの関係について勉強したいです。大学卒業後は大学院に進学したいと考えています。社会に出る前にできるだけ多くの知識を身につけて、自分の研究を進めたいと思っています。大学院卒業後は、学んだことをが活かせる仕事に就き、人々の生活をより良くするために尽力したいと思います。