三期生(大学1年生)

MAHESA PAMUNGKAS SUGIHARTO/明治大学 経営学部 経営学科/インドネシア出身(写真左端)

私は日本の文化、具体的には日本のエンターテインメントをさらにインドネシアに広げたいと考えています。インドネシアのエンタメは単に娯楽だけだと思いますが、日本のエンタメは人々に何かを教えてくれる要素があると思います。この良さを私は将来、インドネシア、さらに海外に広げたいと思い、日本のエンタメをビジネスの視点から勉強したいです。そのためにはマーケティングや企業戦略、経営に関することを学ぶ必要があると思います。大学では1年次に経営の基礎を磨いて、2年次以降はグローバルマーケティングやコンテンツビジネス論などを勉強し、自分の夢を実現するための勉強に力を入れたいと思います。大学でビジネスを学びながら色々エンタメに携わる企業を観察し、どういったビジネスをやっているのかを見て、将来、私が起業する時に参考にしたいと考えています。

ALFRED NGU YOK FEI/法政大学 生命科学部 応用植物科学科/マレーシア出身(写真左から2番目)

私は将来学部を卒業し大学院で植物の伝染病の拡散防止について研究して、それに関する研究職に就きたいです。その職に必要な知識を得るために、植物医学科の技術を学べる植物クリニカルコースがあり、植物病因の防除手法を具体的に学べる植物病防除学や、植物病媒介生物の一つとしての害虫の基礎知識を学べる基礎植物害虫学も学びたいです。私の学部は一年目から三年目までレベルを上げながら続いていく実験が必修科目となります。応用知識をしっかり身に着けた上で、実験の正しい流れをしっかり意識するように頑張りたいです。そして、二年次には植物医科学に関する日本各地の研究所や農業試験場で行われるインターンシップに参加するつもりです。日本の農業の実態を知ることができ、さまざまな知識を得られるため、大学生活を大変楽しみにしています。

HA THI TRA MY/東洋大学 経済学部 国際経済学科/ベトナム出身(写真中央)

私は世界の貿易問題や需要と供給の関係などに興味があるので、大学で経済学の勉強をしたいと思います。ゼミの先生のもとで関心を持つ分野を研究し、フィールドワークを通して専門知識だけでなく、外国語力や実践的能力も身につけたいです。また、経済は社会と密接に関わっているので、経済の研究を通して貧困や人手不足などの社会問題の研究にも取り組みたいです。その他、アジア各国の経済関係や貿易問題も研究したいです。大学を卒業した後はベトナムと日本に関係がある貿易会社に就職し、日本人の考え方や働き方を学びたいと思います。貿易相手国の人と接することで、お互いの理解が深まり、国と国のつながりが深められると思います。そして、日本で経験を積んだ後は帰国して自国に限らず、アジア各国で活躍できる国際的な人材になりたいです。また、私は世界の困っている人を助けるための団体を作りたいです。彼らが自分の夢を叶えることができるように、経済支援だけでなく進学や就職支援もしたいと思います。

LEON ADITYO HARTANTO/明治大学 理工学部 応用化学科/インドネシア出身(写真右から2番目)

私は将来科学者になり、電池について研究し、新たな電池を開発したいです。そのために、大学で応用化学を学ぶことにしました。1,2年次は無機化学、物理化学、分析化学を中心に研究者になるための基礎の知識を身につけたいと思います。4年生になったら、 渡邉 友亮教授の研究に取り組みたいと思います。渡邉教授の研究は環境にやさしい材料創造をめざすという研究テーマです。そこに私は現在より良いリチウムイオン電池の開発に力を入れたいと思います。なぜなら、今より効率が良い電池を作れば環境も改善できるでしょう。

CHIN TECK CHING/茨城大学 工学部 物質科学工学科/マレーシア出身(写真右端)

私は未来に向かって発展し続けるため、低環境負荷の材料開発が欠かせないと思っています。地球温暖化で一番注目すべき環境問題だと思います。そのため、水素を利用して電気を作る燃料電池について研究をしたいと思います。私は茨城大学に入ったら量子化学や材料科学などについて積極的に学びたいと思います。3年生になったら応用化学プログラムを選択し、化学物質に関する合成、分析、加工などについて深く研究したいです。私は特に水素エネルギーを効率的に利用するための材料の研究と開発にチャレンジしたいと思います。江口先生の研究室に入って、最新電池に利用できる複合材料に関する研究をしたいと思います。未来の水素エネルギーの普及に貢献したいと思います。